【MT4インジケーター】ボリンジャーバンドとストキャスティクスで矢印を表示

チャート図 インジケーター

るなまる
るなまる

「ボリンジャーバンドとストキャスティクスで矢印を表示するインジケーターが欲しいんだけど、、、」

こんな疑問に答えます。

このページではゴゴジャンに出品中のボリンジャーバンドとストキャスティクスの自作インジケーター「BB_stoch_runamarunofx.ex4」のロジックやパラメーターの設定について解説します。

 

この商品の紹介動画

 

■バージョンアップのお知らせ
以前よりご要望をいただいておりました、アラート、メール送信、プッシュ通知機能を追加しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

 

商品説明

ボリンジャーバンドストキャスティクスを組み合わせたサインインジケーターです。

本インジケーターを使用すると、世界中のトレーダーが意識しているポイントを視覚的に判断することが可能となります。

決まったロジックでエントリーポイントが表示されるため、初心者から中級者の方におすすめです。

アラート機能もあるため、一日中チャートを見ることが出来ない方にもお役に立つかと思います。

パラメーター

るなまる
るなまる

自由に変更できます

パラメーター1

%K・・・デフォルトは5日にしています。

%D・・・デフォルトは3日にしています。

slowing・・・デフォルトは3日にしています。

移動平均の種別・・・0~3の数値で設定します。
0:simple(単純移動平均線)
1:exponential(指数移動平均線)
2:smoothed(平滑移動平均線)
3:Linear Weighted(線形加重移動平均線)

価格欄・・・0~1の数値で設定します。
0:高値、安値
1:終値

stoch下ライン・・・デフォルトは80%にしています。
※交差位置が80%以上で矢印が表示されます。

stoch下ライン・・・デフォルトは20%にしています。
※交差位置が20%以下で矢印が表示されます。

サブウインドウにはMT4標準で入っているStochastic_Oscillatorを使用し、双方のパラメーターを合わせるようにしましょう。

※Stochastic_Oscillator・・・MT4標準で入っており、インディケータ→オシレーターと進めば格納されています。

BB期間・・・デフォルトは12日にしています。

標準偏差1σ・・・一般的なボリンジャーバンドの設定値の1σにしています。

標準偏差2σ・・・一般的なボリンジャーバンドの設定値の2σにしています。

標準偏差3σ・・・一般的なボリンジャーバンドの設定値の3σにしています。

arrow表示位置・・・矢印の高さ

alert・・・true/falseで選択。売買シグナルでアラート音が鳴ります。

mail・・・true/falseで選択。売買シグナルでメール送信が可能です。

push・・・true/falseで選択。売買シグナルでスマホのMT4へプッシュ通知が可能です。

ロジック

るなまる
るなまる

矢印の出現条件です

ローソク足の安値が-2σから-3σの間
かつ
ストキャスティクスの交差位置が20%以下でゴールデンクロスが発生すると

上向きの矢印が表示されます。

ローソク足の高値が2σから3σの間
かつ
ストキャスティクスの交差位置が80%以上でデッドクロスが発生すると

下向きの矢印が表示されます。

カスタマイズ

%Kや%D、期間などは値を変更できるように作成しています。

この数値を変更することによって矢印の出現率や出現条件が変わってきますのでご自身の取引に合った数値を設定してください。

活用例:レンジ相場で逆張りスキャルピング

チャート図

ボリンジャーバンドは

±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%
±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

といった特徴があります。

ストキャスティクスは1分足や5分足でのスキャルピングで使われることが多く、買われすぎと売られすぎを判断するオシレーター系の指標です。

本インジケーターは±3σの範囲内に収まる確率が約99.7%であることを利用し、ボリンジャーバンドと相性の良いストキャスティクスを組み合わせて逆張りの売買サインを表示します。

まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

今回はボリンジャーバンドとストキャスティクスを組み合わせたインジケーターを作成しました。

投資家の皆様のお役に立てれば幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ボリンジャーバンドとストキャスティクスで矢印の商品ページはこちら

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメント

タイトルとURLをコピーしました